フリーランスの人がマイホームを持つことができる?

バナー

フリーランスの人がマイホームを持つことができる?

フリーランスの人は、自営業・個人事業主となりますので、住宅ローンの審査では不利になってしまいます。


もちろん、普段は正社員として働いていて、平日の夜や土日祝日を利用して副業収入を得ている人なら、勤務形態は正社員となりますので、正社員としての給料に副業収入を上乗せできることから、むしろ有利になります。

派遣社員や契約社員で働いている人についても、メインとなるのが給与収入なのであれば、それに副業収入を上乗せして年収の申告ができるので、メリットとなるでしょう。問題なのは、フリーランスを兼業でやっていて、他に給与収入などを得ていない人の場合です。自営業をやっている人は、源泉徴収票はありませんから、確定申告書が2年~3年分必要になります。

最低でも2年は自営業をやっていて、収入を得ている必要があるということです。



年収については、毎年350万円を得ているよりは、300万円、400万円というように上昇しているほうがイメージが良いでしょう。

自営業でも安定して収入を得ているならば、マイホームを住宅ローンで購入することができます。
ただし、対象を正社員に限っている銀行もあるので、金融機関選びは慎重に行いましょう。
フリーランスの人は、不安定な職業ですので、余裕をもったローンを組むことが重要です。

有名なGirls Channelなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

ローンの返済ができなくなれば、破綻をしてしまうリスクもあります。

安心をコンセプトにしたフリーランスは支持されています。

また、賃貸でもマイホームを所有しているのと変わらない生活をすることもできますので、リスクをかけてでもマイホームを持つ理由についても考えておいたほうがよいでしょう。