フリーランスになる際には健康保険をどうすべきなのか

バナー

フリーランスになる際には健康保険をどうすべきなのか

会社を辞めてフリーランスとして活動する場合に行わなければならない手続きの一つに、健康保険に関する手続きがあります。

会社勤めの人は何らかの健康保険組合に加入しており、保険料は会社側と加入者側でおおよそ半分ずつ負担していましたが、フリーランスとなる際には健康保険についてもどのようにしていくかを決めなければなりません。



会社を辞めてフリーランスとなる人が、健康保険の取り扱いに関してとることができる選択肢は主に3つです。

1つ目は、国民健康保険への切り替えです。

この方法をとる場合は、会社を退職した日の翌日から14日以内に、離職票や健康保険資格喪失証明書といった退職日がわかる書類や、身分証明書、印鑑などを持参して市町村の国保年金課の窓口で手続きを行います。



国民健康保険は前年度の収入に応じて負担する保険料が決まるので、フリーランスになる場合には最も基本的な選択肢となるでしょう。

2つ目は、健康保険の任意継続です。

この制度はほとんどの健康保険組合に設けられており、退職日の翌日から20日以内に手続きを行えば任意継続加入者となり、最長で2年間は健康保険の被保険者としての資格を維持できます。

ただし、在職中とは異なり、保険料は会社側が負担していた分も自分で負担しなければならない点と、保険料を期日までに納め忘れると任意継続の資格を喪失する点に注意が必要です。3つ目は、健康保険の被扶養家族に入る方法です。

これは親族が加入する健康保険において自分自身が扶養家族として認められる場合に利用でき、必要な手続きを済ませれば在職中とは異なる健康保険組合の加入者となることができます。