日本のフリーランスの特徴

バナー

日本のフリーランスの特徴

アメリカでは、総合職採用という概念が無く、すべての人が専門職に就くという考え方となっているようです。

プロジェクトによって、必要な人材を集めて、仕事が終わったら解散するということもよくあるようです。正社員として採用されても、定年まで働くというわけではなく、必要がなくなれば解雇されてしまうようです。

日本に比べると、正社員という勤務形態はそれほど安定しているというイメージはないようです。それに対して、日本は新卒採用では総合職採用が多く、さまざまな部署を経験して、最終的にその人の適正に合った部署に配属されるということになります。そして、一度正社員として採用されたら、正当な理由もなく解雇されることはなく、毎年昇給していくので、長く働いているほど高い給料をもらえるということになります。

日本では、このように正社員という勤務形態が優遇されているので、フリーランスとして働くことにあまり魅力を感じないという人が多いです。



実際、フリーランスとしての給料だけて食べていけているという人はほんの一握りであり、プログラマーやデザイナーのような専門的なスキルを持っている人に限られます。



日本ではフリーランスの人口が全体の一割を占めると言われていますが、その中には主婦や学生も含まれており、フリーランスを専業でやっている人は、一部の人に限られます。


正社員が優遇されている日本では、アメリカのようにフリーランスという働き方が一般的になることは、ないかもしれません。