フリーランスの心がけ

バナー

フリーランスの心がけ

フリーランスは気楽な商売だ、という人がいます。

確かに仕事のオンとオフは自由に決められますし、仕事を選ぶことができます。

また組織特有の人間関係に悩むこともありません。


そのため実力と経験があるビジネスパーソンであれば、いつか独立してフリーランスになりたいという夢を持つことでしょう。


しかしもちろん仕事である以上は気楽であるだけではありません。
組織に守られないがために直面する、色々な難しい課題もあります。
会社勤めをしていれば、仕事量にかかわらず基本給は必ず支払われます。病気になれば療養休暇を得ながら仕事を同僚に託すこともできます。景気が良ければ年2回のボーナスがあります。

最悪の場合会社が立ち行かなくなったとしても、失業手当を受けながら次の仕事を見つけるまでのあいだ食いつなぐことができます。


そのためフリーランスとして最低限必要なのは、「タフさ」です。



逆境にあっても動じずむしろ闘志に変えてやっていける精神的な強さです。



ビジネス上の知識や経験は、そうした土台なしには何の意味もありません。


それから柔軟さも要求されます。

市場は常に変化していますから、旧態依然としたやり方いつまでも食べていけるほど甘くはありません。
そのため常に勉強が必要で、世の中における自分自身の位置が常に明確になっていて、そのうえでどの方向に向かっていくのか、当てずっぽうや好みではなしに、論理的に考える必要があります。



仕事に情熱を燃やすタイプの人であっても、頭脳は常に冷静でなくてはなりません。